相続税,贈与税の対策は東京都新宿の税理士法人AQUAへおまかせください

アクアの強み

アクアの強みは書面添付制度の実施と相続税の専門チームを有した事務所であるということです。

 

書面添付制度

書面添付制度とは、税理士法(第33条の2第1項)に基づき、税理士が税務申告書(税務書類)の作成に際し、「計算し、整理し、または相談に応じた事項」を明らかにし、「申告書の適正性を表明」する書面を添付する制度です。
書面添付を行うことにより、申告内容に対して税務署が疑問を抱き、税務調査を行う場合は、調査通知前に、税務代理権限証書を提出している税理士に、添付書面に記載された事項に関する意見を述べる機会が与えられます。
その意見聴取の段階で問題点が解決すれば、調査省略となります。

※税理士法人アクアでは書面添付にかかる報酬は一切頂いておりません。

(記載例)

( 記 載 例 )

 

専門チーム

アクアの強み|専門チーム

物事に得意不得意があるように、相続税の申告を得意とする税理士、不得意とする税理士も存在します。
万一、相続税を不得意とする税理士に依頼してしまうと、納税する相続税額が増え、先代の遺した貴重な財産が少なくなってしまいます。
当社では代表社員・副島を筆頭に相続税の知識・ノウハウを持った専門チームが対応させて頂きます。
相続税は昨今の改正により、より複雑化しており、多種多様で柔軟な対応が求められ、既定のサービスだけでは適切な対応ができません。
そこで、アクアではこのような専門チームを設置し、柔軟な対応を取ることができる体制を整えました。さらに、書面添付制度を完全実施し、身近な税金としての相続税申告は勿論、生前対策や申告後のサポートだけでなく、税制改正の情報をいち早くわかりやすい形でお伝えするサービスを完全網羅的に行います。

相続税は、税理士法人アクアに是非ご相談ください。
全力でサポートさせていただきます。

お問合わせ